トップページ > 債務整理の基礎 >  デメリット

デメリット

借金を減額、もしくはチャラにできるのですから、
残念ですが当然メリットだけではありません、、

ここでは債務整理手続き前に、
知っておいた方がいいデメリットについて網羅しておきたいと思います。

過払い請求以外の手続きでは、ブラックリストに載ってしまう、、

過払い請求手続きを除いて、
他のすべての債務整理の手続きで、必ずブラックリストに掲載されてしまいます、、

つまり、この人は借金を返せなくなって債務整理をした過去があります、
ということが、信用情報機関というところに登録されます。

この、信用情報機関に登録されているデータは、
与信判断、つまり「この人にお金を貸しても大丈夫かな?」という判断をするときに使われるので、
不利な情報が掲載されていると、それ以後はお金が借りにくくなったりします。

具体的には通常5年から7年は情報が情報が抹消されませんので、
お金を借りたり、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりできなくなります。

でも、逆に言えばブラックリストに載っても、
それ以外のデメリットはありません。

債務整理をして借金生活から抜け出そうとしているわけですから、
いっそのことブラックリストに載ってしまって、
それ以降は一切借金はしない生活を心がけるという風にすれば、
むしろいいきっかけになるかもしれませんね。

このページのトップへ↑

専門家に手続きを依頼しなければ難しい

債務整理手続きの中で、
任意整理以外は、法的には知識があれば自力ですべての処理をすることも可能ですが、
実際のところ業者との直接やりとりや必要書類をそろえるなど、
専門知識が必要なので自力でやるのはちょと難しいです、、

ですので、普通債務整理をするとなれば、専門家に依頼する場合が多いです。

ここが、心理的な障壁になっているケースが多いようです。

ただ、手続き開始前に、債務整理をして借金が免除される額はある程度わかりますので、
この金額よりも専門家への依頼費用が安く済むのであれば、
手続きに着手するという風にすれば、金額的には必ずメリットを出すことができます。

普通、司法書士や弁護士などの専門家は、
最初の無料相談などの段階で、受けても依頼者にとってメリットのない案件は、
その旨を伝えてくれますので、専門家への依頼は、
費用的にはデメリットにはなりません。

このページのトップへ↑