Top > 司法書士か弁護士か? > 1社あたりの債務額が140万以下の場合は迷わず司法書士を!

1社あたりの債務額が140万以下の場合は迷わず司法書士を!

結論から言うと、1社あたりの債務額が140万円以下の場合は、
迷わず司法書士を選ぶことをおすすめします。

まず、法律的に金融業者1社あたりの借り入れが140万を超えてくると、
弁護士でなければ扱えなくなります。

ですのでここは選択の余地がなく、弁護士に頼まざるをえません、、

しかし、1社あたりの債務額が140万以下であれば、
司法書士でも弁護士でも扱える案件となります。

この場合は、全般的に弁護士よりも費用が安い司法書士にお願いする方がお得です。

弁護士と違い、司法書士の場合は相談は無料の場合が多いです。

また、当サイトで紹介している司法書士の中には、
無料で出張面談をしてくれるなど、サービスもいいところが多いですから、
弁護士ではなく、司法書士の方がコストパフォーマンスが高い場合が多いですね。