Top > 過払い請求は8割方和解で終わる!? > こっちが被害者だったら、なぜ和解しなければいけないの?

こっちが被害者だったら、なぜ和解しなければいけないの?

過払い請求は、他の債務整理とは違って、
業者に落ち度があるのが最大のポイントであるということを書きました。

たしかに、違法な金利をずっと取られていたとなれば、
お金を借りていた我々としては被害者です。

それが裁判などによっても認められ、
今となっては過払い金を請求するのは当然の権利となっています。

でもそれなら、なぜ和解に応じなければいけないのでしょうか?

和解ということは仮に過払い金が100万円あるとしても、
70万円で手を打つことになる場合もあるわけです。

まず最初に言っておくと、和解に応じずに過払い金を全額戻したいと思ったら、
徹底的に業者と戦えば必ず勝てるわけです。

でもそれをしないのは、仮に全額が帰って来ることが確定したとしても、
その返還額が分割支払いになり、その間に業者が倒産するリスクがあるからです。

仮に300万の過払い金が確定したとしても、
それを分割で数年間にわたって支払ってもらっても、
その間に倒産されてしまったら、確実にとりっぱぐれてしまいます。

ですので、本当は300万だけど、200万で手を打てば、
そのお金に関してはすぐに支払います。という約束が和解なのです。

昨今の過払い金請求で大手武富士ですら倒産してしまったわけですから、
中小の消費者金融なんて、いつ倒産するかわからないくらい経営状況がひっ迫しています。

ですので、過払い請求は司法書士と相談して、
妥当なところで和解するのがいいでしょう。