Top > デメリット > 過払い請求以外の手続きでは、ブラックリストに載ってしまう、、

過払い請求以外の手続きでは、ブラックリストに載ってしまう、、

過払い請求手続きを除いて、
他のすべての債務整理の手続きで、必ずブラックリストに掲載されてしまいます、、

つまり、この人は借金を返せなくなって債務整理をした過去があります、
ということが、信用情報機関というところに登録されます。

この、信用情報機関に登録されているデータは、
与信判断、つまり「この人にお金を貸しても大丈夫かな?」という判断をするときに使われるので、
不利な情報が掲載されていると、それ以後はお金が借りにくくなったりします。

具体的には通常5年から7年は情報が情報が抹消されませんので、
お金を借りたり、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりできなくなります。

でも、逆に言えばブラックリストに載っても、
それ以外のデメリットはありません。

債務整理をして借金生活から抜け出そうとしているわけですから、
いっそのことブラックリストに載ってしまって、
それ以降は一切借金はしない生活を心がけるという風にすれば、
むしろいいきっかけになるかもしれませんね。